Linking Japan’s innovators to the world’s creative economy

Saiko was formed with one goal: to enrich interactions between innovators in Japan and the world.

Based in New York and Tokyo, Saiko provides international public relations, translation and management services for independent Japanese creators. Saiko draws on thousands of contacts in the international media and entertainment industries, leveraging founder Dan Grunebaum’s decades of connecting Japanese creators to Western audiences, and a partnership with Japanese culture NPO J-Collabo.

Collaborative events showcasing Japanese artists with iTunes and Blue Man Group in Tokyo and New York, and content localization, branding, web development and social media for Japan’s NHK World and Nippon Television are only a few of Saiko’s successful projects. Dan is also the Entertainment Editor for Metropolis magazine in Tokyo and Japan culture writer for the New York Times, CNN and Newsweek.

Find out what Saiko can do for you.
 
“Thanks to Saiko’s PR effort Kyoto Jazz Sextet was able to receive its first English-language album review.” Shuya Okino (DJ/Producer, Kyoto Jazz Massive)
 
“Dan translated challenging music terminology, deciphering my concepts with sensitivity. I recommend him to clients seeking translations demanding a high level of creativity.” Yasuaki Shimizu (saxophonist, composer)
 
“Saiko’s targeted PR campaign was effective in generating international media coverage for our event project “Grab The World!!!” Thanks to Saiko, we reached many kinds of music fans, not only in Japan but other countries. I wish I’d known of Saiko earlier!” Yukio Kobayashi, (9 to the Universe/MUSIC & ART producer)

 

日本のイノベーターと世界のクリエイティブ経済をリンク

SAIKO (サイコ) は、日本のイノベーターと世界のイノベーターのインタラクションを強化することを唯一の目標として 創設されました。
ニューヨークと東京を拠点に、SAIKO はインディペンダントな日本のクリエーターたちにインターナショナル・パブリック・リレーションとマネージメントのサービスを提供しています。
創設者であるダン・グルネバウムの、日本のクリエーターたちを欧米のオーディエンスに紹介してきた二十年以上の経験をもとに、SAIKO は何千という日本国内、国外のエンターテーメント業界、メディアのコンタクトを最大限に活用します。
東 京における iTunes や Blue Man Group とのコラボレーションによる日本のアーティストのショーケース、NHKワールドや日本テレビのためのコンテンツ・ローカライゼーション、ウェブ開発とソー シャルメディアによるブランディングなどは、 SAIKO により成功した数多くのプロジェクトのほんの一部です。ダン・グルネバウムはまた、東京のメトロポリス・マガジンのエンターテーメント記者、New York Times、CNN、そしてニューズウィークの日本文化担当記者としても活躍しています。

 

あなたのために SAIKO に何ができるかをどうぞご覧ください。

 

「ダン氏は音楽分野のややこしい専門用語にも幅広い知識を持ち、伝えたたい思いやコンセプトを読み解き、翻訳してくれました。高い創造力や表現を必要とする翻訳家をお探しの方、私は彼を高く推薦します。」~清水靖晃(サキソフォン奏者、作曲家)

 

「Kyoto Jazz Sextet が英語で初めてレビューされることになり、SAIKOの効果的なPRキャンペーンに感謝します。」 ~沖野 修也 (Kyoto Jazz Massive/The Room)

 

「Saiko の的を得たPRキャンペーンのおかげで、私のプロデュース作品 “Grab The World!!!”を 国際的なメディアに紹介することが出来ました。もっと前からSaikoを知っていたら、日本国内にとどまらず、他の国に住む色んな音楽ファンを集めること ができたのに!」~Kobayashi Yukio、9 to the Universe/MUSIC & ART producer